2011年02月04日

古くなった治療のやりかえ


痛みや違和感がなくても、歯を失わないために全体的なやりかえが歯を失わないようにするために必要になることが多くあります。

術前写真

術後写真

見た目はあまり変わっていないように見えますが、治療をしなければ、5年以内に3本、10年ほどで、7本の歯が抜歯が必要になったり、部分入れ歯になる状態を回避して、今ある御自身の歯をすべて残して、歯を一本も抜かずに治療することができました。

適切な時期に、きちんとした検査、診断、治療を行うことは、年を重ねていくことに反して、歯を若返らせることができます。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 18:12| お口のアンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。