2011年04月10日

子供の歯の虫歯、抜歯と矯正治療


乳歯のひどい虫歯のために、抜歯が必要になっても、顎や歯並びの発育のことなども考えて、治療を進める必要があります。


スペースリテイナー(space retainer) スペースメインテナー(space maintainer)と呼ばれる乳歯の早期喪失による、歯並びの不正を予防するための小さな、簡単な装置をつかうことで、後々の大きな歯列不正の問題を予防できることがあります。









乳歯の虫歯による、歯の早期喪失による、顎の発育と、歯の生え換わりの調和への悪影響が、簡単な矯正装置で正常に保つことが可能になります。
子供さんへの負担もほとんど全くない良い治療方法の一つです。

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 17:57| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。