2014年10月16日

インプラント治療の骨の移植とは

インプラント治療の骨の移植とは

京都市左京区の北山にある、インプラント、矯正歯科(歯列矯正)、審美歯科、歯周病治療、根管治療専門の北山吉川歯科クリニックです。



インプラント治療の際に骨の少ない場合(骨の高さ、幅、厚み、密度、硬さ)は、骨の移植を行って、骨を再生させて、インプラントによる治療を可能にします。 その方法としては、下顎は、オンレーグラフトやGBRと呼ばれる骨の増生手術や、ボーンスプリット手術が用いられ、上顎は主にサイナスリフト、ソケットリフト、GBRと呼ばれる骨の増生手術が用いられます。  

オンレーグラフト

WS000086 WS000087 WS000089 WS000091 WS000092

GBR

 

ボーンスプリット

WS000079 WS000080 WS000081 WS000082 WS000083 WS000084 WS000085

サイナスリフト

WS000097 WS000098 WS000099 WS000100 WS000101 WS000102 WS000103

ソケットリフト

WS000063 WS000040 WS000041 WS000042 WS000043

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 19:19| インプラント(人工歯根) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。