2015年09月05日

根管治療による歯を抜かない審美治療

150807(8)

前歯の痛みで、抜歯して、インプラントを勧められ、歯を抜かないで治療する方法を探して、当クリニックに来院されました。

150807(7)

自覚症状のない部分も全体に同様の問題がありましたが、取り急ぎ、大切な前歯が抜かずに残せるように、詳しい検査診断と、治療計画を立て、治療を開始しました。

(レントゲンの丸はイヤリングが映り込んだもの)

150209(111)

前歯なので、口元の審美的な印象も問題になっていました。

150807(9)

150807(10)

前歯のセラミッククラウンを外しました。

150807(11)

クラウンの内部も問題がありました。

150807(12)

クラウンの下の土台や、歯の根、その周囲の歯周組織にも問題がありました。歯の根の内部の黒く変色した汚染物を取り除きました。

この初期の段階で、最終の仕上がりの歯が審美的になるように、歯ぐきのレーザー治療も同時に行いました。

150807(13)

150807(15)

歯の根の内部、歯の根の先の嚢胞などの問題を治療しました。

150807(16)

審美的で丈夫な差し歯の土台治療を行いました。(治療開始からわずか3回目、一週間目なので、まだ、歯科レーザーによる傷は回復していませんが、レーザー治療による仕上がりがきれいなため、そのまま型どりを行います。)

150303(8)

セラミックの歯をいれ、定期検診に移ります。

150807(6)

定期検診時、傷が治り、きれいにお手入れされています。

150807(17)


posted by 北山吉川歯科クリニック at 09:43| 歯の神経(歯の根)の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。