2010年03月20日

矯正治療(歯列矯正)にともなう虫歯治療とは


歯列矯正(歯科矯正)を行う際にも、虫歯、歯周病、歯の根の病気、をきちんと治すことで、きちんと治療された健康で審美的な歯を手に入れることができます。続きを読む
posted by 北山吉川歯科クリニック at 14:00| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

矯正治療開始の時期について

 発育期における矯正治療の診断と治療計画を決定する検査のひとつにプロフィログラムという検査があります。これは、お顔のレントゲン(頭部X線規格写真)の主だった計測点の平均値をもとにして作られた、その年齢の平均の口元と歯並びの状態図です。
 これはDr.Williamsによって考えられた方法でありますが、日本人の場合、日本人の平均値を用いて作成された坂本のプロフィログラムをもとに比較審査します。
 これにより、その年齢の時点でどのような状態であるか審査し、また、経過観察しながら、治療を決めます。


10歳時のレントゲン(見た目ほど出っ歯ではない)

14歳時のレントゲン(永久歯が生えそろうまで経過観察し分析)

3本の線の真ん中が14歳時の平均値
上の歯が出っ歯であると診断できるデータのひとつ

このようにして、発育とともに経過観察を行いながら、適切に治療を開始します。

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 14:13| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

矯正用インプラントによる治療期間の短縮化

矯正用インプラントを使用することにより、今まで難しく時間がかかる治療であったものが、より、早くきれいに治すことができるようになってきています。



下あごの前歯を早く確実に引っ込めるために丸い印のところに矯正用インプラントを用いて治療しています。


非常に早い期間で引っ込みました。

このように、矯正用インプラントは矯正治療をより早くきれいに進めるために役立ちます。

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 10:27| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

矯正治療による美顔治療

矯正治療は歯列をきれいに整えたり、口元をきれいに見せるだけでなく、お顔のゆがみやバランスの悪さも改善できることがあります。


治療前の横顔のレントゲン写真(口元の出っ張りに注目)

治療後の横顔のレントゲン写真(口元の出っ張りが改善されました)

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 15:41| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

成人の歯列矯正治療について

歯列矯正治療には基本的に年齢の制限はありません。
ですから、いつでも、お口の健康と美しさを手に入れることは可能です。


(術前の歯並び 26歳女性)


(術後の歯並び)

このように社会人になってからでも、お口の健康と美しさを得ることはそれ以上のメリットがあるといえるといえます。

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 16:24| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

裏側(舌側)の歯列矯正

歯列矯正治療をはじめる際に最も問題になることのひとつに、矯正装置の審美的問題があります。
患者さんの日常生活や社会的立場などで治療を希望していても制限されてしまうのも事実です。
そういった方のために当クリニックでは、裏側(舌側)の歯列矯正をおこなっています。



裏側(舌側)の歯列矯正の様子



正面からは見えず、治療中に装置の見た目を気にせずに治療を受けることができます。

北山吉川歯科クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)についてより詳しくは、クリニックの矯正歯科治療(歯列矯正)の専門のホームページをご覧ください。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 13:14| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

矯正治療の検査について

かみ合わせや歯並びが悪い状態を不正咬合と呼びます。そして、それらは大きく分けて、以下の4つに分類されます。

・上顎前突(出っ歯)
・下顎前突(受け口)
・叢生(乱ぐい歯)
・開口

また、それらが組み合わさり叢生を伴う上顎前突や、上下顎前突などと、さらに分類し、正しく診断します。
その診断のためには以下のような詳しい検査が必要になります。

・模型検査
・顔のレントゲン

・歯のレントゲン等


これらをもとにコンピュータなどで分析をして、正確に診断することで、治療の期間、難易度、術後の仕上がり状態などを把握し、治療を進めることになります。


posted by 北山吉川歯科クリニック at 17:29| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

審美歯列矯正治療とかみ合わせ治療

歯列矯正をとりいれた治療を行うことで、審美的な口元をつくることができるだけでなく、かみ合わせの改善により、かみ合わせの異常からくる歯の過度の磨耗などを予防することができます。また、治療期間も約半年程度でおこなうこともできます。

060316(7).jpg1.jpg

術前

DSC_0296.jpg2.jpg

術後
posted by 北山吉川歯科クリニック at 12:58| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ワイヤーをつけない歯列矯正治療1

歯列矯正治療において、なるべく目立たない装置で治療をしたいという気持ちは、ごく当然のことと思います。
その治療が適応できる場合はそういった方法をとることがよいと思われます。

DSC_0217.JPG

前歯に気になる部分があります。

DSC_0218.JPG

夜、寝るときや、人前に出ないときのみ装着します。

DSC_0332.JPG

短期間の間に人にきずかれずにきれいになりました。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 09:13| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

スピーディーで目立たない矯正

最近の矯正治療は目立たずスピーディーな装置やテクニックの進歩が見られます。

DSC_0339.JPG

セラミックスの装置や、白いワイヤーを使用してなるべく審美的に治療を進めます。

DSC_0190.JPG

わずか9ヶ月できれいにかみ合うようになりました。
posted by 北山吉川歯科クリニック at 09:02| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

かみ合わせ治療と審美歯列矯正

DSC_0232.JPG
矯正治療を希望されて来院されました
前歯が噛んでいないのに先端がひどく欠けています

DSC_0187.JPGDSC_0202.JPG
このような場合の矯正治療に限らず適切な診断をして治療を進める上でかみ合わせ(咬合)の異常なども厳密に調べます

DSC_0175.JPGDSC_0199.JPG
前歯は普段はかみ合っていません

DSC_0178.JPG
下あごを左に動かすと上下の前歯が激しくぶつがります

DSC_0180.JPGDSC_0179.JPG
横から見るてもよく観察できる

DSC_0113.JPG
審美性だけでなく、かみ合わせを正しくするために治療をはじめる

DSC_0194.JPG
正しくかみ合うようになり、審美的にもよくなった

posted by 北山吉川歯科クリニック at 20:15| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

目立たない歯列矯正

最近ではさまざまな目立たない矯正装置があり、審美性への影響を極力少なくして治療することができます。

DSC_0084.JPG

術前

DSC_0035.JPG

術後
posted by 北山吉川歯科クリニック at 13:32| 矯正歯科(歯列矯正) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。